アフターピルと低用量ピル

一般的に処方がされている避妊薬には、2種類あります。
・低用量ピル
・アフターピル
これは用量や服用方法などにも違いがあります。
低用量は、定期的な服用が必要となり、毎日欠かさずに服用を継続していくことで避妊効果を発揮してくれます。
また副効用をもち、肌荒れ改善や生理不順などを改善することができるので「ライフデザインドラッグ」としても使用されます。
一方でアフターピルとは、名前の通りにSEX後に服用する避妊薬になります。
ただし、緊急時のみの服用となり常用することは出来ないとされています。
1回の服用で大きくからだの中のホルモン環境を変える事で避妊効果を発揮します。
2つの薬の共通点として、「保険が利かない」ということが挙げられます。
よって、処方を受ける場合にはかなり高額な出費となります。
ちなみに、アフターピルである「ノルレボ錠」は1錠の処方で1万円を超えてしまいます。
しかも緊急時に必要な薬となるので、時間によっては処方を受けるのが難しいことは大きなデメリットになります。
そこで価格も下げていつでも準備しておけるのが、ジェネリックである「アイピル」。
これはノルレボ錠と同じ成分「レボノルゲストレル」という女性ホルモン成分が入っています。
この成分は避妊に対して以下のような作用を発揮してくれます。
・排卵をストップ
・子宮内膜の成長を抑え、着床しにくい状態を作る
この2つの作用によって排卵前後、どちらでも高い確率で避妊することができます。
アイピルなどの緊急時の避妊薬はSEX後72時間以内の服用とされ、時間内での服用であればほぼ確実に望まぬ妊娠を回避することが出来ます。
これも低用量と異なる点で、ほとんどの人に副作用が起きます。
・吐き気
・倦怠感
・頭痛
・不正出血
急激なホルモン変化によって起こるとされますが、1度の服用となるので数日で楽になると言われています。
ちなみにアイピルは、海外通販で購入することができ、1錠は800円ほどです。
万一に備えて、1錠購入しておいた方が良いかも知れないですね。